英語力を身につけるためにできること

ながら学習で勉強時間を確保!

外資系企業で働くには、その職種の専門知識を英語で理解することはもちろん、社内での外国人とのコミュニケーション、商談などでクライアントなどと接する時のマナーなど、多岐にわたって英語を習得し、使いこなすことが求められます。膨大な学習量となるため、毎日欠かさずに英語を見聞きする必要がありますが、仕事をしながら家で数時間というまとまった英語学習のためだけの時間を確保すことはなかなか難しく、継続しづらいという問題があります。そのため、通勤している時間を上手に活用し、電車の中で英語のニュースに目を通したり、湯船に浸かりながら単語を覚えたりと言った「ながら学習」がお勧めです。時間を無駄にせず、効率的なだけでなく、短時間の学習を1日のうちに何度も取り入れることで集中力を切らさず、メリハリをつけて英語の勉強ができます。

楽しく続けることが一番!洋画や洋楽もチェック!

社内の人間との円滑なコミュニケーションは、そのまま仕事に反映すると言えるため、クライアントと商談するための英語だけでなく、同僚との日常会話やそのための海外ニュースに関する情報に至るまで、幅広いシーンで使える英語を学習すると良いでしょう。毎日仕事をしながら勉強するのは、簡単なことではありません。仕事に使える高度な英語を習得するには1年、2年の勉強では足りないでしょう。日本人でも知らない日本語や漢字があるように、言葉は無限と言えるほど幅広く存在するため、母国語以外の言語の習得に終わりはないとも言えます。そのため、根を詰めて必死になって頑張るのではなく、楽しみながら飽きないように続けていくことが大切です。洋画や洋楽でリラックスしながら英語を聞き流すのもいいでしょう。学習の努力は必ず反映されるため、いつも聞き流していた洋楽がただの音ではなく言葉として頭に入ってくる日がきっと来るはずです。