外資系企業で働くのに必要な英語のレベル

外資系企業で働くために英語力は必要か?

かつてに比べて終身雇用制を維持している企業が減りつつある傾向にあることから、日本の労働市場では社員の流動性が高まっています。そのような状況にあって、有力な転職先となり得るのが外資系企業ですが、転職にあたって英語力がハードルになると考える人が意外に多いようです。もちろん、外資系に転職する以上は、グローバルなビジネス言語である英語力が求められることは間違いありませんが、だからといってネイティブレベルで会話できることが必要かと言われると、必ずしもそうとは言い切れません。多くの外資系企業が求めるのは、語学ができる人材ではなく、ビジネススキルが高く自社に多くのメリットをもたらしてくれる人材であるためです。

実際に求められる語学レベルとは?

もっとも、高い英語力が必ずしも求められる訳ではないといっても、ビジネスを行う上で必要最小限のコミュニケーションを取ることができるだけの語学の力が必要となることは間違いありません。そのため、外資系企業に転職しようとする場合には、まずはビジネス会話ができる程度の英語力を身に着けることが肝要となるのです。また、単に英語でコミュニケーションができるというだけでは不十分で、英語を使って交渉するためのスキルを体得しておくのも重要です。英語を使った交渉では、日本語のように婉曲な表現を使って主張を伝えようとしてもうまく伝わらないことが多いため、より直接的な言い回しで自分の意見を発信するように普段から心掛けておくとよいでしょう。