資格と語学力、どちらを優先すべき?

まずは語学力を優先する

外資系転職は待遇が良いなどの理由で人気が高いです。無資格で語学力に乏しい人間がいきなり試験を受けても通る確率は限りなく低いですし、有能な人間にあらゆる面で勝たないといけません。外資系転職を成功させる為には自分を強化するしかありませんが、資格と語学力の優先順位に迷うものです。この場合は語学力を優先させるのが正解で、まずはコミュニケーションができなければ何も始まらないという考えです。どれだけ素晴らしい資格を有していても、面接の時にアピールできなければ持ち腐れになってしまいます。取得している資格が乏しくても、流暢な英語で今後のビジョンを語ることができれば頼もしく見えます。自分の為になりそうな資格は入社後に取得すれば問題ないです。

資格が諸刃の剣になってはいけない

取得するのが難しい資格を何個も取得して、履歴書の資格一覧を埋めるのは決して無駄なことではありません。面接の時は必ず話題に上がりますし、それだけの努力を重ねた人間だと評価されます。ただ、資格は取得することがゴールではなくていかに活用するかが大切です。全ての記憶は永久に続く訳ではありませんし、時には忘れてしまうこともあります。全く復習をしなければ、ほとんど覚えていないという事態にもなりかねません。資格に対して持っている知識量が少ないと期待外れになるので、復習を欠かしてはいけません。資格と語学の勉強を両立させるのがベストですが、多くの時間が必要なので簡単ではありません。どちらも中途半端という状況は避けたいものです。