外資系企業で英語はいつ使う?

公式の会議は英語で行われる

会社で行われる業務は個人で行う部分もありますが、多くは部や課など所属する組織の方針に従って行うでしょう。となるとそれぞれで情報を共有したり新たな決定などをしなければならず、定期的に話し合いが必要になります。日系企業だけでなく外資系企業においても会議が行われ、特に外資系企業においては公式の会議は英語で行われるのが一般的です。公式の会議においては議事録が作成されてその内容が記録されます。もちろん議事録なども英語で作成され、その内容が本社の役員などにチェックされたりもするでしょう。外資系企業といってもほとんど日本人で議事録の残らない非公式の会議を日本語で行うときもありますが、公式の会議は日本人のみが参加するときでも英語で行われると考えておきましょう。

日本人以外の社員などとのコミュニケーション

日本で生活するなら日本語さえできれば十分で、それが日本人が英語力が身に着きにくい要因かも知れません。日系企業において日本人としかコミュニケーションをしないなら日本語だけできればよいですが、外資系企業となると様々な国の社員や取引先とコミュニケーションをしなければいけません。外国籍の社員の中には日本語が堪能な人もいてそんな人ばかりなら日本語だけでも良いのでしょうが、海外から出張で来ている人などは日本語が話せない人もいるので何らかのコミュケーション手段が必要になります。アメリカやイギリスなど英語を母国語とする人だけでなく、中国やドイツ出身の人でも英語が話せる人が多くなっています。日本人以外の人とのコミュニケーションなら英語が必要になりそうです。